会社概要

戸田工業株式会社(本社紹介)

会社創業:1823年

会社成立:1933年

資本金:74億77百万円

売上高:278億89百万円

社員:364名

沿革

昭和8年11月 広島市横川町に弁柄の製造販売を事業目的とする「戸田工業株式会社」を資本金50万円で設立。

昭和26年4月 クツワ弁柄製造株式会社を合併。

昭和28年4月 広島工場にフェライト材料の生産工場を新設。

昭和29年11月 吉備工業株式会社を合併。

昭和34年10月 山口県小野田市に小野田工場を新設。

昭和44年7月 小野田工場にオーディオ・ビデオテープ用磁性粉末材料の生産設備を新設。

昭和48年6月 小野田工場に湿式着色顔料工場を新設。

昭和58年9月 東京証券取引所市場第1部指定。

昭和59年12月 広島県大竹市にフェライト材料の生産工場(大竹工場)を新設。

昭和63年4月 小野田工場に電子印刷用着色材料の専用生産設備を新設。

平成6年7月 ドイツ デュッセルドルフ市に全額出資の「戸田工業ヨーロッパGmbH」を設立。

平成8年8月 アメリカ イリノイ州シャンバーグ市(現ミシガン州バトルクリーク市に移転)に全額出資の「戸田アメリカINC.」を設立。

平成9年7月 岡山工場を分社化し、「戸田ピグメント株式会社」を設立。

平成15年1月 中国浙江省に全額出資の「戸田塑磁材料(浙江)有限公司」を設立。

    5月 中国浙江省に「徳清戸田三峰顔料有限公司」を設立。

    5月 小野田工場に電池用材料の生産設備を新設。

平成16年8月 中国浙江省に「浙江東磁戸田磁業有限公司」を設立。

平成18年6月 大竹工場にICタグ用アンテナシー トの生産設備を新設。

   10月 韓国釜山広域市に「戸田フェライトコリア株式会社」を設立。

平成19年4月 中国天津市に「戸田麦格昆磁磁性材料(天津)有限公司」を設立。

    8月 H.C.Starck GmbH社から、電池材料事業部門を買収。

    8月 カナダ オンタリオ州サーニア市に全額出資の「戸田アドバンストマテリアルズINC.」を設立。

平成20年3月 米国アルゴンヌ国立研究所から、リチウムイオン電池用正極材料の特許ライセンスを取得。

    4月 韓国江原道原州市に「TODA ISU CORPORATION」を設立。

    6月 「東京色材工業株式会社」の株式を100%取得。

平成22年3月 「戸田アメリカINC.」及び「戸田アドバンストマテリアルズINC.」の一部保有株式の譲渡を行い、両社は、持分法適用関連会社となる。

平成23年10月 中国浙江省の「戸田聯合実業(浙江)有限公司」を連結子会社とする。

    11月 日本政策投資銀行より環境格付を取得。

平成24年6月 中国広東省に「戸田磁鉄(深圳)有限公司」を設立。

平成27年2月 BASFジャパン㈱との合弁会社「BASF戸田バッテリーマテリアルズ合同会社」を設立。

     

戸田塑磁材料(浙江)有限公司——会社概要 

戸田塑磁材料(浙江)有限公司
Toda Plastic Magnet Material (Zhejiang) Corp.
会社設立:2002年10月
資本金:500万US$
董事長:大杉  稔
総経理:小林 厚治

2005年10月 ISO 9001  品質システム認証取得

2006年 7月 ISO 14001 環境システム認証取得

2013年10月 安全生産標準化取得